代表挨拶

私の3年間苦しんだ腰痛がたった数秒の動きで治ったワケ

皆様、初めまして。
福岡ですこやか元氣院の代表をしている沖田智貴と申します。
私は理学療法士として、人々に身体の使い方や休め方をお伝えして、心身の不調で悩める方を施術するお仕事を約6年間病院やクリニックにて行って参りました。

そんな立場の私ですが、以前は私自身が身体の不調を抱えておりました。
大学2年生の時に腰痛と右足の痺れを発症し、その後3年間ずっと苦しんでいました。
大好きだったサッカーも全くできなくなり、バイトでは立ち仕事を4時間すると次の日は1日中まともに起き上がれなくなるくらい、ひどい痛みと筋肉痛が起きていました。
あらゆる有名な病院や自費の治療などに、何百万ものお金と多くの時間を費やしましたが、一向に改善しませんでした。
こんな身体の状態で、人様に身体の使い方を伝える仕事を務められるのだろうか、と毎日悩んでたほどです。

そんな身体の状態ではありましたが、私も晴れて病院に就職し、理学療法士になりました。
その病院に勤めている時もコルセットを着けたままで、こんな状態ではいけないと思いつつも着けていないと痛いし、不安という頭の中の考えが消えず、いつまでも仕事中は着けていました。
状態は一向に良くならず、むしろ悪くなっていたと思います。

みんな自分のクセを知っているようで知らない

すると、ある先輩理学療法士と世間話をしている時、
「沖田くんの姿勢さ、腰がすっごく丸いね。」と言われました。
その時、私はハッ!と気づかされました。なぜなら、私は腰が反りすぎていると思い込んでいたので、常に腰を丸める動きをしていたのです。
しかし、症状は良くなっておらず、悪化していたのは、私は自分のクセを知らずに間違った使い方をしていたからではないか!と気づかされたからです。
そこで早速、腰を反るような動きを入れてみると…なんと痛くない上に、むしろ反った方が楽だったのです。

反って動いていると立ち仕事もきつくないし、その上、サッカーも存分にプレーできるくらいまで回復しました。
しかし、やった動きはたった数秒。腰を少し反っただけなのです。こんな簡単な動きで3年間の苦しみから、いとも簡単に解放されました。
この経験を通して、私は目の前の人の身体のクセを分析し、その人のクセに合わせた動きを誘導し、指導することで驚くくらい簡単にかつ、劇的な効果が出る瞬間を数多く目の当たりにしてきました。

誰もが皆、自分のクセを知っているようで知らないのです。そして、知っていてもそのクセを改善するような動きはおそらく出来ていないのです。
あなただけのクセを知り、クセを改善する動きを1日たった数秒、もしくは1秒入れてあげる、それを毎日続けるだけで健幸な身体が手に入るのです。
あなただけの心身のクセを知ることこそ、あなたらしい人生を生きる第一歩なのではないでしょうか。
ぜひ私と共にあなたも気づいていない身体のクセを知り、健幸な人生を手に入れる旅に出かけましょう。

代表肩書

すこやか元氣院 代表
すこやか元氣の会 代表
理学療法士
整体ライター(メルマガ、kindle出版、ブログ)
整体塾(一般向け、セラピスト向け)講師
「恕心法」創始者
整体ラジオパーソナリティー
実業家、イベンター(整体マルシェ)
肩こり・猫背・腰痛・O脚 専門コンサルタント

PAGE TOP