肩こりのメカニズム

どうも、こんにちは。
沖田 智貴です。

肩こりは現代社会においては悩める症状の一つですよね。

かくいう私も昔は悩んでいました。

しかし、肩こりのメカニズムをしっかりと知らないばかりに、もったいないケアをしてしまっている方が数多くいらっしゃいます。

そんな熱心だけど、肩こりの真実を知らないあなたへ朗報です。

肩こりは、あるクセを知っておけば、簡単に改善することができるのです。

そのクセとは?

現代人の肩こりは、基本的に背中を反りすぎてなっている事が多いです。

つまり、猫背を作るように、肩甲骨同士を離すように、肩や背中を丸めるべきなのです。

え??と驚かれたあなた。

そんな肩こりをお持ちのあなたに聞きます。

背中を丸めて、肩こりがどうなるかを試したことはありますか?

現代はストレス社会であり、背骨がどうしても伸ばしてしまいます。

専門用語で言うと、胸椎が伸展してしまっているのです。

そんな胸椎の状態では交感神経優位となり、また肩甲骨同士が寄せ合って、肩から首にかけての筋肉がガチガチに固まってしまいます。

だからこそ、リラックスして副交感神経にするために、また肩甲骨と首にかけての筋肉をストレッチをして伸ばすためにも、背中を丸めるべきなのです。

大体の肩こりはこれで改善します。

ぜひ皆さんもお試しくださいね!

肩こりが改善することを心よりお祈りしております。